各分類へ |  証券番号 1000 - 番台 |  2000 |  3000 |  4000 |  5000 |  6000 |  7000 |  8000 |  9000 - 番台 |

 ▽ 2016年10月31日 08:26 更新  ⇒ 【 参考 】 Excel データ一覧 / 決算速報 / 株主速報 / XBRL一括ダウンロード

 6742 京三製作所   電気機器 / 東証1部,大証1部 ≫

財務XBRL / 有価証券報告書 / 決算速報 / 株主 / 年収 / セグメント / ガバナンス / 銘柄特性 / 投信
所有者別状況 / 各年の有価証券報告書に掲載される投資主体別の株式保有割合 / 単位 %

※ 有価証券報告書に掲載される「所有者別状況」から作成。

※ 表の「個人」は、端株や自己株式を含む場合がある。

※ 表の「外国」は、外国法人・個人の合計値。

決算期 個人 法人 外国 金融 証券 政府 情報開示日
第150期 平成27年3月31日末40.814.08.535.31.30.02015/06/24
第149期 平成26年3月31日末40.713.89.135.31.00.02014/06/24
第148期 平成25年3月31日末38.813.88.637.71.20.02013/06/25
第147期 平成24年3月31日末35.413.68.341.90.70.02012/06/22
第146期 平成23年3月31日末33.714.37.244.10.70.02011/06/24
第145期 平成22年3月31日末33.314.37.644.30.50.02010/06/25
第144期 平成21年3月31日末35.814.45.243.90.70.02009/06/26
第143期 平成20年3月31日末33.710.413.541.70.70.02008/06/27
第142期 平成19年3月31日末34.17.916.041.40.70.02007/06/28
第141期 平成18年3月31日末38.56.812.741.00.90.02006/06/29
第140期 平成17年03月31日末41.97.04.745.60.80.02005/06/29
第139期 平成16年03月31日末42.86.93.845.01.50.02004/06/29
⇒ 上表の各セルはデータページにリンクしています。 データの利用前に ≪注意/免責事項≫ を御確認下さい。
大株主の状況 / 各年の有価証券報告書・半期報告書に掲載される持株比率上位10者 / 単位 %

※ 有報に掲載される「大株主の状況」から作成。

※ 表の「合計」は、持株比率十位までの合計値。

※ 表の「株主名」は、持株比率一位の株主名。

決算期 合計 1位 筆頭株主名 情報開示日
第149期 平成26年3月31日末42.49.8日本生命保険相互会社2014/06/24
第148期 平成25年3月31日末42.89.9日本生命保険相互会社2013/06/25
第147期 平成24年3月31日末45.79.9日本生命保険相互会社2012/06/22
第146期 平成23年3月31日末47.49.9日本生命保険相互会社2011/06/24
第145期 平成22年3月31日末46.19.9日本生命保険相互会社2010/06/25
第144期 平成21年3月31日末47.89.9日本生命保険相互会社2009/06/26
第143期 平成20年3月31日末41.79.4日本生命保険相互会社2008/06/27
第143期 平成20年3月31日中42.98.7日本生命保険相互会社2007/12/26
第142期 平成19年3月31日末41.68.7日本生命保険相互会社2007/06/28
第142期 平成19年3月31日中41.28.7日本生命保険相互会社2006/12/22
第141期 平成18年3月31日末40.08.7日本生命保険相互会社2006/06/29
第141期 平成18年3月31日中39.28.7日本生命保険相互会社2005/12/22
第140期 平成17年03月31日末40.28.7日本生命保険相互会社2005/06/29
第140期 平成17年03月31日中40.68.7日本生命保険相互会社2004/12/22
第139期 平成16年03月31日末40.48.7日本生命保険相互会社2004/06/29
第139期 平成16年03月31日中40.08.7日本生命保険相互会社2003/12/22
⇒ 上表の各セルはデータページにリンクしています。 データの利用前に ≪注意/免責事項≫ を御確認下さい。
大量保有報告書・変更報告書の提出者 − 8 名 / 直近の書類提出日が新しい順に表示

※ (注意)大量保有報告の内容は報告義務発生日のもの

⇒ 現在の株式保有状態ではない点に注意をしてください。

※ 「他」欄は該当提出者が大量保有報告した他の銘柄数。

  提出者 / 大量保有者 件数 総数 最新提出日
スパークス・アセット・マネジメント3 件169 社764 件2016/06/22
9008京王電鉄1 件2 社3 件2016/03/25
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ5 件934 社4571 件2013/05/08
シティグループ・グローバル・マーケッツ・リミ…2 件38 社123 件2009/09/07
日本生命保険相互会社4 件305 社1094 件2008/11/21
ダルトン・インベストメンツ・エルエルシー5 件38 社257 件2008/06/06
三菱東京UFJ銀行10 件773 社3794 件2006/02/15
三菱信アセットマネジメント1 件131 社132 件2003/11/14
⇒ 上表の各セルはデータページへリンク、 証券コードは Yahoo株価検索ページにリンクしています。
提出された大量保有報告書・変更報告書の一覧 / 提出日の新しい順に表示 / 最大100件

※ (注意)大量保有報告の内容は報告義務発生日のもの

⇒ 現在の株式保有状態ではない点に注意をしてください。

※ 提出日の新しい順に最大100件を表示。

投資スタイル ⇒ プロ投資家の売買動向

 ⇒ 投資信託が公開する組入れ銘柄データを解析
 ⇒ バリュー・グロース等の投資スタイル別に整理
  提出者 / 大量保有者 書類名 情報開示日
スパークス・アセット・マネジメント変更報告書2016/06/22
9008京王電鉄大量保有報告書2016/03/25
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ変更報告書2013/05/08
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ変更報告書2013/02/18
スパークス・アセット・マネジメント変更報告書2012/05/17
スパークス・アセット・マネジメント大量保有報告書2012/05/02
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ変更報告書2012/04/16
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ変更報告書2011/12/05
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ変更報告書2011/10/03
シティグループ・グローバル・マーケッツ・リミ…変更報告書2009/09/07
シティグループ・グローバル・マーケッツ・リミ…大量保有報告書2009/09/03
日本生命保険相互会社大量保有報告書2008/11/21
ダルトン・インベストメンツ・エルエルシー変更報告書2008/06/06
ダルトン・インベストメンツ・エルエルシー変更報告書2008/03/24
ダルトン・インベストメンツ・エルエルシー大量保有報告書2006/12/13
ダルトン・インベストメンツ・エルエルシー変更報告書2006/06/07
ダルトン・インベストメンツ・エルエルシー大量保有報告書2006/03/14
三菱東京UFJ銀行変更報告書2006/02/15
三菱東京UFJ銀行変更報告書2005/11/15
日本生命保険相互会社変更報告書2005/08/15
三菱東京UFJ銀行変更報告書2004/11/15
三菱東京UFJ銀行変更報告書2004/05/14
三菱信アセットマネジメント変更報告書2003/11/14
三菱東京UFJ銀行変更報告書2003/05/15
三菱東京UFJ銀行変更報告書2002/11/15
三菱東京UFJ銀行変更報告書2002/08/15
日本生命保険相互会社変更報告書2002/08/14
三菱東京UFJ銀行変更報告書2002/05/15
三菱東京UFJ銀行変更報告書2001/11/15
日本生命保険相互会社変更報告書2001/11/14
三菱東京UFJ銀行変更報告書2001/08/15
⇒ 上表の各セルはデータページへリンク、 証券コードは Yahoo株価検索ページにリンクしています。

≪ 注意/免責事項 | kabupro.jp 株主プロ・ホームページ掲載データ利用上の注意事項と免責事項について ≫

株主プロは、有価証券報告書・半期報告書・大量保有報告書で公開された情報を元に作成されています。株主プロに掲載されている情報は、証券投資の勧誘を意図するものではありません。また株主プロに掲載する株主情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの利用に伴って利用者に発生した不利益や問題について、何ら責任を負うものではありません。株主プロは証券取引法・金商品取引法に基き金融庁EDINETを経由して開示された有価証券報告書・半期報告書・大量保有報告書・変更報告書を引用しておりますが、各書類の訂正、追加、削除、欠落、消滅、誤記、出典となるホームページにおける記載との差異などにより、利用者が被ったとされるいかなる損害についても一切の責任を負いません。

このページの先頭へ